【初心者向け】目的別!独学でWebデザインを勉強している人におすすめの本。

デザイン
スポンサーリンク
のざきち
のざきち

こんにちは!のざきち( @nozakichicken )です。

Webデザインの参考書ってたくさんあって、どれから読んだらいいか迷いますよね…!

うさぎさん
うさぎさん

そう!だから本当に役に立つ本を教えて欲しいんだけど…

そこで今回は、目的別に学びたいことが学べる初心者向けの選りすぐりのおすすめを持ってきました。

Webデザインを学んでいく上で押さえておくべき基本やHTML&CSSの参考書のほか、JavaScriptやWordPressなど一歩上の技術を扱った本までを紹介していきます!

スポンサーリンク

Webデザインの基本を学ぶ

Webデザインの勉強を始めて間もない方は、ぜひデザインの基本を学べる本から読んでいただきたいです。なぜなら、デザインにおいて必要なのは「センス」ではなく「基本ルールをもとに情報を整理し、相手にわかりやすく伝えること」だからです。

以下に、デザインの基本がしっかり勉強できるおすすめの本を掲載しいてますので、ぜひご覧ください!

のざきち
のざきち

デザインの基本がわかったらいよいよ「Webデザインの基本」を学んでいきましょう!

いちばんよくわかるWebデザインの基本きちんと入門

初心者向けに、Webデザインの基本をわかりやすくまとめた入門書です。

レイアウト・配色・写真・タイポグラフィといったデザインに関係する基本的なことから、HTMLやCSS、運用やマーケティングまで幅広く学べます。Webデザインの仕事の流れを把握できるので、Webデザインに関わる仕事がしたいのであれば、まずはこの本をオススメします。

Webデザイン良質見本〈目的別に探せて、すぐに使えるアイデア集〉

実在するWebサイトから厳選された良質なWebサイトがまとめられた事例本です。

Webデザインを勉強する上で、Webサイトデザインの引き出しを作ることは非常に重要です。この本はカテゴリーが細かく分かれており、作業内容によって参考にするページを選べます。レイアウト、配色、フォント、素材、プログラムなどどうしてどのサイトが魅力的なのかをわかりやすく解説しています。

HTML&CSSを学ぶ

Webデザインの基本が学べたら、次はいよいよそのデザインを画面上で見える形に表現するのに使用するHTML&CSSを使ったコーディングを学んでいきます。実際に手を動かしてコードを書きながら覚えていきましょう。

1冊ですべて身につくHTML & CSSとWebデザイン入門講座

Webサイトの作り方を丁寧に分かりやすく教えてくれる入門書です。

Web関連の情報やデザインについて学べるブログ『Webクリエイターボックス』のManaさんが執筆した本です。Webサイトの基本からHTMLとCSSの使い方を丁寧に解説されています。実際にWebサイトを制作しながら、現場で必要な実践的なテクニックなども身に付けていくことができます。

デザインツールの使い方を学ぶ

Photoshop、Illustrator、AdobeXD、figma、Studio…近年ではデザインツールがたくさん増えてきましたが、Webデザイン系の求人情報を見ると「Photoshop」が高確率で採用条件として記載されています。

一気に学ぶもの大変なので、必須であるPhotoshopをマスターしてからIllustratorやXDも勉強していくようにしましょう。それ以外にも気になるツールがあればどんどん勉強していくのもありだと思います。

Photoshop しっかり入門

Photoshopを初めて使う人を対象とした入門書です。

Photoshopの各ツールの基本的な操作方法から、実務で使える鉄板の応用技までをこの1冊で幅広く学ぶことができます。全手順を丁寧に解説してくれているので、初心者の方でも操作に迷うことなく学習できます。

Illustrator しっかり入門

Illustratorを初めて使う人を対象とした入門書です。

先ほどPhotoshopと同じシリーズで、Illustratorの各ツールの基本的な操作方法から、実務で使える鉄板の応用技までをこの1冊で幅広く学ぶことができます。

一般的にWebデザインではPhotoshopやAdobe XDを使いますが、ロゴやアイコンなどのパーツ制作に適しているのはIllustratorなので、使えるようになって損はないです!ただし、優先順位としては、Photoshop > Illustratorでしょう。

Adobe XD Webデザイン入門

Webデザイン向けにAdobeXDを使う方を対象とした入門書です。

XDにはじめて触れる方だけでなく、Adobeツールにはじめて触れる方でも最後まで学習できるように、やさしく丁寧に解説されています。すぐに役立つXDの使い方を、業種別・業態別に豊富な作例で手軽に学べます。

+α もっと学びたい方向けに

うさぎさん
うさぎさん

基本はマスターした!もっと勉強していきたい!

そんなご意見にお応えして、中級者向けにもっと深く学べる4冊を紹介していきます。こちらも余裕あればぜひともお手に取っていただきたい良書です。

CSS設計を学ぶ

CSSは容易に覚えられますが、それゆえにルールが設定されていないと、のちのち他の人が修正したりすると編集しにくいカオスなCSSになってしまいがちです。後から見ても、誰から見ても、わかりやすく綺麗なCSSを書くためにCSS設計は必要なのです。

CSS設計完全ガイド

中級者になるためには読むべき、CSS設計の考え方と実践法が身につく本です。

この本では、CSSのさまざまな設計手法を紹介しつつ、考え方や実践のポイントをわかりやすく解説しています。ウェブの定番的なモジュールを網羅的に取り上げ、さらにはそれらの組み合わせ方まで、実践的なコードを紹介しています。代表的な設計手法である「BEM」と、著者が開発した設計手法「PRECSS」との対比的な解説がされています。

Sassを学ぶ

Sassとは、CSSをより効率的に記述するための言語です。

CSSの記述方法やテクニックを一通り覚えて、使いこなせるようになった方はぜひSassも覚えていきましょう。Sassで記述することによって作業効率が向上するだけでなく、メンテナンス性も向上します。より本格的に管理の行き届いたWeb制作を行うことができるようになります。

Web制作者のためのSassの教科書

Sassの教科書といえばこの本、Sassについて詳しく書かれた教科書です。

Sassの基本機能をはじめ実用的な機能の解説はもちろん、実装の現場でどのように効果的に取り入れるのかも解説されています。Sassをマスターするために必要な知識がこの1冊で全て網羅されています。

JavaScriptを学ぶ

プログラミング言語のJavaScriptは、Webサイトに動きを加えるのに多く用いられています。全く必須ではないですが、もっと成長したいという方はプログラミングの基礎的な知識を学ぶといいでしょう。

確かな力が身につくJavaScript「超」入門

JavaScriptを学びたい初心者のための「超」入門本です。

サンプルを使い手を動かしながら基礎から学んでいけます。全くの初心者でもとっつきやすいように、専門語が詳しく解説されています。実際の仕事で使える現実的なサンプルを豊富に掲載しているのも嬉しいポイントです。

WordPressを学ぶ

WordPressは、無料でサイトの作成やブログの作成などができるCMS(コンテンツ管理システム)です。

HTMLやCSSの知識があれば、簡単にサイトやブログを作成することができるため、もっと勉強したい人にオススメです。Web関連技術が無い人でもサイト管理や記事投稿ができるため、世界で圧倒的なシェアを獲得しています。

のざきち
のざきち

このブログもWordPressを使っています!

WordPress 仕事の現場でサッと使える! デザイン教科書

WordPressテーマの自作・カスタマイズ方法を解説した教科書のような本です。

HTML&CSSで構成された静的サイトをWordPressでテーマ化していく方法を解説しています。独自テーマの作成、カスタマイズや運用まで、WordPressを使って本格的なWebサイトを構築・運用したい人にオススメの一冊です。

まとめ

今回は「初心者向け、目的別に独学でWebデザインを勉強している人におすすめの本」をご紹介しました。

どれも本当に読んでほしい良書なので、これからWebデザインを勉強する方にはぜひとも手に取ってほしいですと思います。ぜひとも色々な参考書を手に取ってみて、実用的な知識を得ながら自分の経験値に変えましょう!

のざきち
のざきち

あなたのWebデザイン学習に、役立てていただけたらうれしいです!

コメント